意外と高い引越し料金を節約する方法について

引越し先の間取りを確認しておくように

引越し先の間取りを確認しておくように

間取り図1
引越しをするときには、引越し先の間取りを先に確認してどのような家具の配置にしておくのが事前に決めておくようにします。

現在の自宅にある家具の寸法を計測し、見取り図をチェックしてどこに配置が可能であるが考えておきます。もし家具が入りそうにないのであれば、引越しをする前の段階で家具を処分してしまう考え方が有効です。

例えば、炭素などが必要のない建物についているタイプであったりクローゼットが必要のない部屋である場合、タンスや衣類ハンガーなどを処分するという考え方が可能になります。

不用な物を引越し先まで移動すると、使わない物が増えてしまい部屋のスペースが狭くなってしまうだけなので、引越しの前の段階で決断して使わない物をリサイクルショップなどで引き取ってもらいます。

または、何でも屋さんで引き取ってもらう事になりますが、この時買い取り価格は期待できない状態となります。不要品をもらって頂ける分だけ有り難いと考えて対策する事が重要となります。

部屋の間取りを考えた場合、新しく家具を配置できる場所を最初に決めておくようにします。そして新居に引越しが完了してから、ゆっくりと新しい家具や家電製品を購入するようにします。このようにゆっくりと新居のスタイルを作り上げていくことが重要です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional